www.flickr.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幡多学講座シンポジウム「地域学の探求」

20091205.jpg

今日は4回シリーズの幡多学講座最終回のシンポジウムへ行ってきました。

幡多学というのは、昨今あちこちで試みが進んでいる”地元学”とか”地域学”というくくりの、地域の特質を再評価していこうという取り組みの高知県西部バージョンと言ったところでしょうか。

今回の幡多学講座は「幡多に大学を作る」というテーマを元に生まれた試みらしいのです。
幡多にどんな大学が必要で、どんな学びを提供するのかといったことについて僕はまだまとまった自分の考えをもっていないけれど、どこかの大学のサテライト型のものができるにしろそうでないにしろ、”幡多に作る意味”をちゃんと担わせたものであってほしいと思います。

僕は大学なんて言わなくても、幡多は屋根のない博物館のような地域だと思っています。
今日のシンポジウムにも専門的な研究を積んでいる人、子どもたちや若い世代に地域のことを伝えようとしている人がたくさん参加しておられました。

こういう人達がネットワークでゆるく結びついて連携すれば、研究者として、教育者として大きな成果を上げて行くことができるんじゃないかと期待してしまいます。

そう考えると、Educator(教える学芸員)やCurator(研究する学芸員)といった学芸員を抱える博物館と似た働きができそうです。
幡多で学ぼうするする人や、活躍する学芸員を結びつけるハブとして、資料の集積する場所や案内等のできる場所が必要で、それは今日議題にも上がっていた「大学」のようなものであってもいいのかなぁと思ったり。。。

なんにしろ、エントランスは何箇所もあって、自分の好きなときに好きな分野を展示ではなくて実際の自然や生活の中で学んでいける博物館なんてカッコいいと思いませんか?^^

 
スポンサーサイト
  1. 2009/12/05(土) 22:59:56|
  2. Lush*Life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ひがしやまのその後 | ホーム | ひがしやまって干菓子山>>

コメント

知ることの前に

・生活をする上で、分からないことがあれば近所の(年配の)人に聞いてみる
・聞かれたら、自分の体験した話をする
・話を聞いたら自分なりに工夫を重ねてみる

私はこんな生活をしたいなと思います。
逆に言えば、聞きも聞かれもしないような生活はしたくない、ということかな^^

コメントになっていませんね^^
  1. 2009/12/10(木) 07:48:11 |
  2. URL |
  3. SeaLinkInc #dsmzA2js
  4. [ 編集]

いえいえ^^想いはしかと!

しかと伝わっておりますよ^^

いつもありがとうございます!

知ってることをちょっと共有したり伝えるだけでそのこと以上に広がりが生まれることも多いですし、工夫の積み重ねが新しい知恵を産むことにつながるんだと想います

教える側と学ぶ側はいつ入れ替わってもいいんですし^^

そういう意味ではインターネットはある意味世界規模での教えあい、学びあいの土壌があるんですよね~
  1. 2009/12/10(木) 07:58:06 |
  2. URL |
  3. Shin #80nwyN0c
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lushlife.blog20.fc2.com/tb.php/484-01419609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

shin

Calender

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Counter

Lush*Life @ Photograph

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from shin_lushlife. Make your own badge here.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。